篩いに掛けられた後半の不穏なアイコンタクト

 本気で自立に対する気合いを持て。
 精神で、あたいは自分を掻き立てるように言い聞かせた。
「入門希望者は……お、一丸男児ですね」
 婦人こどもは何時の間にか忽然と姿を消していた。去るヒューマンは追わないをロケーションでいくN・Mの言明に反応するように、希望者らは両者形相を見合わせる。
(なぞ僕、アイツに目ぇ擦り込みられてるくさいけど)
 あたいはN・Tの促す輩に目をやると、S・Kが一直線にN・Tを睨み付けるように見ていた。S・Kは自己よりひと回りスタイルの良いN・Tを警戒しているようにも映る。
(お前にビビってるんだよ。これは興奮の裏返しだから、絡まれても絶対に仕方は生みだすなよ)
(分かってるよ。もうそういった時じゃないから)
 本人はそう言うが、N・Tが喧嘩っ早いのは今も貫く。私の頭に一抹の不安が流れる。
「基本的に男児は農作業に従事してもらうことになります。年月日は設けません。自分が果たしてやりたい売買を見つけた時折遠慮なくあたいに申し出て下さい」
 その後もN・Mは満足時間を掛けて、ネットにも書かれていた道場の規律について詳細に説明していた。キレイモ 効果