生後10ヶ月の長女さん。ハイハイ始める気いる?

はじめまして。

三兄妹お母さんをしております。
今日はうちの三女性の内容だ。
先日、10ヶ月検診があり未だにハイハイを控える三女性。
周りのお子さん達は、既にハイハイをしていて中には歩き出して掛かるお子様もいました。
あたいは、急に焦燥が出てうちの三女性はうつぶせになって裏しながらクルクル回ったりするだけで、前に進めない…
安全かな?
保険センターのヒューマンから、次月ハイハイに細かい師範がいらっしゃるという事で、とにかく診て頂けるよう予約をしていただきました。

帰宅してからも不安になるばかりで、でも机に捕まり捕まり上がりを練習してる三女性。
ハイハイ控えるのに捕まり上がり?
腰しなやかしてるけど安全?
心配になりながらも何もしてあげられません。

でも三女性生活成長していたようで、検診から2ウィーク、いまだにズリバイだけど前に講ずるようになりました。
この子は堅実な輩なのかな…
日に日に移転分野も広くなり、検診のときの私の当惑はどこかに行ってしまいました。
依然ハイハイとは言えないけど、頑張って成長してる!
私も余計な心配しないで三兄妹お母さんとして、ど?んと構えなくちゃ!
三兄妹でも一切持ち味があって、同じように育てていても違うし私のシーン、輩を育て上げるのではなく輩に育てられてると感じました。ミュゼ Vライン 範囲

永久に美味を失う仕事場の無い新聞紙と云う言い方の灰色の遺書

帰国以下、身は旦那に相談で見せて貰った遺書の時について話した。
「じゃあ、その相談官の人は亡くなる前に、その、貨物の中で……」
身は黙って頷く。
あのときの人事はメディアが多彩化し細分化され、分散していく過程のどこかで、新聞紙は元来のコミュニケーションとしての実行を少しずつ失って行くだろうというテキストの中で兄の遺書を重ねて説いていた。
「新聞紙は、何れは遺書になるだろうって」
身は、少なからず落胆していた。
亡き兄を忘れない結果、自分の意気に歩み寄りを付けて前に進むために、そして、有事のらこそその価値を発揮する書籍の付きわけを腐らせないためにも、やっと身はその心構えを世の個々陣と共有することになる。
そして、どれだけ「旧型」「朝方の狂乱族」などと揶揄されようと、多少なりとも多くのオタク方がかつての私のように、この世界で活躍することを願って止まない。
「ごめん。こんなきつい会話」
「いいよ。それより、体の具合は?」
「順調に回復してる。上がりペース」
身は毅然とした応対で答えた。