大変だった冬の雪道を会社まで通勤すること

冬の雪道や雪への対応は自動車が主な移動手段の私にとって大変重要です。今年のようにかなり早く初雪を迎えたことがないので、たいがいは、暖かい日が続き、ゆっくり冬を迎える12月初旬にはタイヤを冬用タイヤに交換することは必須作業です。 会社に着いて帰宅時まで駐車場に停車しますが雪が降っている時は気温も低くフロントに吹き付けた雪が氷つくのでワイパーを上げておかないと一緒に凍り付いてしまいます。 仕事を終え、自分の車まで来た時薄く積もっていても凍っているフロントガラスの雪を溶かすために暖気運転をしながら寒い車の中で外がクリアーに見えるのを待ちます。日の短い冬は帰宅の時間はすでに外は暗闇で、慌てて出てもっと怖い思いをするより10分や15分はじっと待ちます。 リモコンスターターを使いたいけれど信号を確実に飛ばすには距離がある為使用しませんでしが、帰り際は仕事が立て込んでいることが多かった事もありました。定年退職した今はよく通いとおしたと自分に感心します