恒星の誕生や星うち物体などについて勉強した

恒星などについて探究しました。恒星は主に水素やヘリウムの気体からできている。これらの気体が集まって恒星が誕生したと考えられています。恒星と恒星の頃の余剰には、星頃物体があります。それは主に水素から繋がる星頃気体、およびケイ酸塩気・石墨・水(氷)などの固体微粒子、すなわち宇宙塵(星頃ごみ)だ。星頃物体がまわりより密に分布する要所を星頃雲といいます。とくに密度のおっきい星頃雲が近くの面白い恒星の射出を受けてきらめくと、オリオン大星雲のような散光星雲として認められます。また、星頃物体によって背後の恒星の光が散乱・吸収されると、暗黒星雲として認められます。赤くさい雲のように見えておる要所が散光星雲だ。馬の首の外見に思える要所が暗黒星雲だ。1500光年の距離にある散光星雲だ。こういう中には、150億以上の原始星が発見されている。このようなことを覚えましたが、知らないことも中にはあったので知れて良かったと思います。

雑誌に紹介されていたメンチカツ定食を食べてきました。

ある定食屋さんが雑誌に紹介されていました。豚の生姜焼き定食やサバの味噌煮定食など、食欲がそそるメニューがある中でも一番人気はメンチカツ定食なのだそうで、メンチカツの写真が大きく載っていました。私はその大きなメンチカツの写真を見て、なんて美味しそうなのだと思いました。家では後片付けが面倒なので、揚げ物は料理しません。メンチカツはデパートやスーパーで売っているものしか食べていませんでした。「このメンチカツを食べたい」と思い、仕事がお休みの日に雑誌で紹介されていた定食屋さんへ行ってきました。お昼時に定食屋さんへ着いたのですが、多くの人で賑わっていました。運よくすんなりと席に座りました。周りの人がほとんどメンチカツ定食を頼んでいました。豚の生姜焼き定食もとても気になりましたが、私もメンチカツ定食を注文しました。注文してすぐにメンチカツを食べることができました。揚げたてのメンチカツは美味しすぎでした。こんなに美味しいメンチカツを食べることができて嬉しかったです。