雪かきに取り掛かる前に準備運動をしましょう。

自宅に積もった雪を処理するのは、重労働作業で大変ですよね。

除雪は見た目以上に重労働で、スコップなどで重い雪を運ぶ時に血圧と脈拍が急上昇してしまいます。体の負担を軽減する方法は、雪かきに取り掛かる前に、ストレッチなどの準備運動を行うことで、冷えた体を温める効果が期待できます。除雪作業中は下半身に血液が溜まりやすいので、作業後は体のケアも大事です。

雪が溶け掛かっている時も、普段着ではなく防水性に優れた上着やズボンを着用することが重要です。

また、冬場なので防寒対策をすることも大切なことなのですが、集中して雪かきの作業をしていると、汗を掻いてしまいますね。

汗を掻いたことで体を冷やすことがないように、吸水性の高い下着を着用しましょう。

雪かきの作業を行っていく時には、手首や腕だけに頼っていると疲れてしまいます。

雪を持ち上げるときは、背筋をのばして腰を曲げ体全身を意識して持ち上げると、作業の効率が上がりますよ。

上手な「雪かき」をするために、このようなコツを掴んで行う方法が有効的です。https://www.icd10testdata.net/

幼稚園でのお誕生日会を楽しみにしている3歳児

4月から、年少さんとして幼稚園に通い始めた3歳の息子。幼稚園自体は楽しく通っているのですが、とにかく朝ママと離れるのが悲しいみたいです。

前から練習はしていたので、一応起きて朝ごはんは食べられるのですが。トイレに行って歯磨きして顔を洗った後、幼稚園の服に着替えるのを嫌がります。超ちっちゃい声で、「今日は幼稚園行くのやめる」って言ってきます。それでも頑張って幼稚園にトボトボ歩いて行って、泣くのをこらえてテンション低めのバイバイをしてます。お迎えの時は幼稚園楽しかったって笑顔なので、特に心配はないんですけどね。早く幼稚園に楽しく通えるように、慣れて欲しいなって思っていました。

4月の終わりに、朝からルンルンで幼稚園の支度をする息子を見て、びっくりしました。今日はどうしたの?って聞くと、「4月産まれの子のお誕生日会があるの」と満面の笑み。公立の幼稚園だから、お誕生日会と言っても歌とかちょっとしたお菓子とかなのではと思うのですが。息子はケーキが出るんだと確信している様子。登園の道中は、まさかのスキップでした。私は、息子の期待に沿うようなお誕生日会でありますようにと願う事しかできません。

お迎えに行ったら、「いちごのケーキ食べた」と嬉しそうな息子。先生に聞くと、いちごのムースのゼリーが出たそうです。ケーキではないけど、ケーキの気分で食べたんならまぁいっかと思いました。脱毛サロン ランキング